成長ホルモンの効果は?いつまで打てるの?大人の場合は?

子どもの身長が周りと比べて明らかに小さくて不安、とにかく身長を伸ばしたいというご両親にとって「成長ホルモンの注射」の存在を耳にしたことがある方も多いと思います。

また大人になったのに身長が低く成長ホルモンを注射で打つことはできないか…とお悩みの高校生や大人の方もいらっしゃると思います。

ホルモン注射は身体の中に不足しているホルモンを補う治療のため安全性が高く、かつサプリメントや飲料よりも確実性があるのが特徴です。

では成長ホルモンを打つことで効果は期待できるのでしょうか?

成長ホルモンの効果

成長ホルモン注射を受けると低身長症と診断された子でも1年で10cm近く身長を伸ばすことが可能になります。

ただし成長ホルモン注射は誰もが受けられるというわけではありません。子供の身長を伸ばすホルモン注射治療を受けるには、いろいろな条件をクリアしなければなりません。

それは、
「身長が平均と比べて、著しく低い低身長症と認められていること」
「骨端線という身長が伸びる目安の線があること」
「成長ホルモン負荷試験で受注が認められること」

等です。

したがって成長ホルモンは「身長が平均以下でコンプレックスの解消のため」「人より身長を高くして、優越感を得たい」という理由だけでは、このヒト成長ホルモン注射を受けることが出来ません。

これは成長ホルモン注射は「病気に対する治療」ということが、本来の目的となっているためです。

自分の子供が低身長症(標準偏差よりも2SD以上マイナス)に当てはまるのかどうかは身長曲線から判断することができます。

自分で計算しなくても成長具合を自動で計算してくれるホームページなども開設されているので、利用するのもよいでしょう。

また3歳までならば母子手帳でも成長曲線の確認ができます。3歳~4歳頃になると低身長であることが見た目にもわかるようになってきますが、ホルモン注射は子供が受け入れられやすくなる5歳以降が良いでしょう。

成長ホルモンは高校生(大人)でも有効なの?

一般的に成長ホルモンが有効な時期は男の子で4歳~11歳、女の子で4歳~10歳くらいまでです。この期間は身長が年間5~6㎝ほど伸びるからです。

成長ホルモンは1年間に伸びる身長が1cmをきったら、もしくは骨年齢が男の子場合17歳、女の子の場合15歳に達したら成長ホルモンの投与は終了となります。

早ければ早いほどよいのです。

成長ホルモンの値段は?

ホルモン注射を受けると年間で4~8cmほど伸びると言われています。

そして、ホルモン注射を受けるのに、必要な費用は、体重×0.6万円×0.3(保険負担率)で算出されます。

例えば、30kgの子供の場合だと、毎月約6万円、年間で約70万円程度必要となります。

もしお子様が低身長症とまではいかないとしても低身長であるのであれば背が伸びる時期に親がしてあげられることをしてあげたいと思うのが親心というものです。

今子供の成長に必要な栄養素が配合されたサプリメントは様々なメーカーから販売されているのでお子様に、そしてご家庭にあったものを選択してくださいね。

またせのびのたねはココア味のタブレット型の慎重サポートサプリメントで2歳のお子様から飲む噛んで摂ることが可能です。

自分の料理だけで栄養が足りてるか不安
日々の栄養バランスを補うサプリメントが欲しい
身長が伸びるための栄養素を手軽に摂取したい

こんな親御様にもぴったりです。

せのびのたね 購入